レンズ保管の防湿・カビ対策には密封力の強い食品保存容器のSistemaが安価で便利!

レンズ保管の防湿・カビ対策

一眼レフカメラの大切なレンズのカビ対策はされてますか? 特に気を付けたいのが高温多湿になりカビの生えやすい梅雨の時期はしっかりと防湿対策をしてレンズをカビから守ることが不可欠です。

レンズ内に一度カビが生えてしまうと写りに悪影響がでてしまうので、プロにお願いしてカビを除去しなくてはいけなくなり、安くても一本当たり1万円はかかるようです。しばらく、カメラを使わず放置してたらカビだらけになっていた!何んて事のないように気を付けたいものです。

スポンサーリンク
Google Ad336px

レンズやカメラをカビから守る方法

ドライボックス(約1500円~)

カメラ一台とレンズ数本程度を所持しているユーザーでお金かけたくない場合は、ドライボックスがおすすめです。カメラとレンズを収納できるプラスチックケースに乾燥剤を入れるだけですが、十分な効果は期待できます。乾燥剤を定期的に交換する必要はありますが、それでもランニングコストは安価に抑えることはできます。

防湿庫(約2万円~)

高価ですが自動で湿度を一定に保つことができ確実にレンズやカメラをカビから守ってくれます。小さいもので2万円ほどしますが、カメラ6台位は入ります。見た目も高級感があり、LEDライト付きや鍵付きなどディスプレイ的な要素も兼ね備えています。予算的に余裕があってカメラを2台以上、レンズとカメラを一つの所で保管したい場合は防湿庫がおすすめです。

食品保存容器のタッパーをドライボックスの代用品にする

さて、私の住んでいるニュージーランドにもカメラ用防湿庫やドライボックスは売っていますが、日本に比べるとチョイスが少なく高いので気軽に買えません。ニュージーランドに住んでいると不便なことが多いので、気が付くとその不便さゆえにDIY能力が身について自力で解決できるようになります。

ドライボックスの代用品として選んだのは、ニュージーランドの会社が製造しているSistemaというプラスチック製の食品保存容器、いわゆるタッパーです。このSistemaはただのプラスチック容器ではなく、人体に悪影響を及ぼすBPAという物質を含んでいないのです。ちなみにタッパーさんが開発したからタッパーと言うそうです。すいません、カメラには全く関係ありません。

サイズ、値段、そして、密封力にも優れたSistema

Sistemaは、ニュージーランドならスーパーやホームセンター等どこにでも売っていて、値段は手ごろ、サイズが豊富にあり、しかも食品保存用の容器なので密封性もあり、カメラやレンズの保管には持ってこいの代用品です。

購入したのはSistemaの7リットルサイズで値段は11ドル(約800円)です。レンズなら標準ズームレンズ、広角ズームレンズ、単焦点レンズなど4~6本位は収納できます。カメラ本体ならニコンD750とD7100が一緒に入り、さらにレンズがもう1本入ります。

あとはタッパーの中に、ダイソーで売っているカメラ保存用の湿気取り(乾燥剤)を入れて、ドライボックスの完成です。(ニュージーランドにもダイソーありますが、1商品3.50ドルします。)もちろん、他の乾燥剤でもいいと思います。

Sistemaの蓋にはシリコン製のパッキンが付いていて4か所で固定するので強力な密封力です。

シリコンのパッキンで強力密封

シリコンのパッキンで強力密封

レンズが5、6本収納できるSistema

レンズが5、6本収納できるSistema

カメラ本体を収納できるSistema

カメラ本体を2つを収納できるSistemaの7リットル

食品保存容器のSistema

食品保存容器のSistema

まとめ

日本でもSistemaは手に入るようですが高いので、ホームセンターなどでパッキン付きの食品用保存容器ならいくらでもありそうなので、ドライボックスの代用品は簡単に見つかるのではないでしょうか? カメラ専用のドライボックスなら乾燥剤を入れるスペースや湿度計が付いているものもあるので、そちらを購入されても良いかと思います。

ドライボックスをケチって、レンズやカメラにカビを生やして修理費に数万円かかったら元も子もないですよね? 安価な投資としてドライボックスは是非おすすめします。

スポンサーリンク
Google Ad336px
Google Ad336px

シェアする