一眼レフはRAW保存がおすすめな理由、JPEGとの違いを比較

RAWとJPEGの違い

一眼レフカメラの保存形式にはRAWとJPEGがありますが違いをご存知ですか?一眼レフ初心者にはあまり聞きなれないRAWですが、白飛びや黒潰れなどで失敗した写真も驚きのレタッチで蘇らせることができます。今回はRAWデータの特徴やメリットをJPEGと比較しながら解説します。

スポンサーリンク
Google Ad336px

RAWデータとは?

一眼レフカメラで扱われる画像形式のRAWとは、現像処理が施されていない未加工のデータの事ですが、一方のJPEGはホワイトバランスなどカメラ側で現像処理が施された状態のデータになります。

カメラの設定にもよりますが、一般的にRAWデータは12ビットもしくは14ビット、対してJPEGは8ビットしかありません。ビット数が多いという事は色の情報が多いという事です。

色の情報量が多い分ファイル容量は大きくなってしまいますが、RAWデータにはメリットがたくさんあります。

RAWとJPEGの違いの比較表

RAWとJPEGの主な特徴や違いを比較できるように表にまとめてみました。

RAW JPEG
Bit 12 or 14 bit 8 bit
色階調 4096~16384 256
データ容量 大きい 小さい
画像劣化 殆どない あり
レタッチ 強い 弱い
ホワイトバランス 撮影後に変更可 撮影時に決定
現像ソフト 必要 不要

RAWデータのメリット

画像劣化が殆どない

RAWは撮影時の色情報がそのまま残っている未加工データなので画像の劣化が殆どりません。しかし、JPEGは色情報の量を少なくして圧縮しているため画像が劣化した状態になります。

レタッチ幅が大きく、白飛び・黒つぶれに強い

JPEGに比べるとRAWは色の情報が多い分、露出やコントラストなどレタッチできる範囲が大きいのがメリットです。白飛びや黒つぶれだと思っていた部分も、目には見えない色階調が残っていて、ある程度なら復元できる場合が多いです。

以下の写真は空部分が白飛び気味の写真で、RAWデータをLightroomでレタッチしたものと、元画像をJPEGにしてからPhotoshopで頑張ってレタッチしたものの比較です。RAWの方は空が綺麗に復元できているのですが、JPEGは色情報が少ない為に空のグラデーションの階調が再現できずガタガタになりレタッチに限界があるのが分かります。

白飛び画像のRAWとJPEG比較

白飛び気味の写真をRAWとJPEGでレタッチした時の違い

ただし、RAWでも完全に白飛びや黒潰れしている部分は復元できないので、撮影時はできるだけヒストグラムを確認して露出をコントロールすることが大切です。

写真のヒストグラムの見方を理解して一眼レフカメラを上達させよう!

ホワイトバランスを後から簡単に調整できる

RAWデータだと後からホワイトバランスを自由に変更できるので、撮影する度にわざわざ設定する必要がなく失敗も少なくなります。JPEGの場合は撮影した時のホワイトバランス設定で画像処理が施されてしまう為、後からの調整が困難になります。

LightroomならRAWデータのホワイトバランスが昼光、雲天、日陰、タングステン、蛍光灯、フラッシュなどから選択するだけで瞬時に変更でき、もちろん自分で微調整も可能。しかも画像の劣化がありません。

Lightroomのホワイトバランスの違い

Lightroomのホワイトバランスの違い

RAWデータを現像・レタッチする楽しみ

プロの写真家でも失敗に備えて修正が利くRAWデータで撮影することが殆どです。また、良い写真に仕上げる為にレタッチは必要不可欠な重要なプロセスで、プロの写真家も当然に行っています。

JPEG保存してしまうとレタッチに幅が利かなくなってしまうのですが、RAWデータならレタッチすることで写真が蘇ったり、全く違った雰囲気の写真に仕上げたりすることができます。

レタッチには手間はかかりますが、自分好みの写真にする楽しみもあります。

プロ御用達のLightroomで写真が一流に!驚異の現像ソフトで脱初心者

おすすめRAW現像ソフト

もちろんメーカー純正のRAW現像ソフトでもある程度のことはできますが、サードパーティ製の方がより細かな設定や便利な機能などがあり、写真を綺麗に仕上げる事が可能です。

まとめ

レタッチ前提で写真を撮影するならRAW保存、撮った写真をレタッチしないでそのまま使うのであればJPEG保存で十分かと思います。RAWデータは多少の失敗をレタッチで助けてくれるので一眼レフ初心者にも絶対におすすめです。