一眼カメラのホットシューとは?ストロボ以外にも使える便利な活用方法

一眼カメラのホットシューとは?カメラ基礎知識

普段ストロボを使わない人にしてみたら一眼カメラの上部にあるホットシューは全く不要な感じがしますが、ストロボ以外にもアクセサリーを取り付けると非常に便利になったり、おしゃれにドレスアップして他の人とは差別化することもできます。

今回はホットシューに取り付け可能な便利グッズや活用方法などをご紹介します。

ホットシューとは?

カメラ上部にある外付けストロボを取り付ける為の部分のことをホットシューもしくはアクセサリーシューと言います。特に電子接点のあるものがホットシューと呼ばれているようですが、現在のほとんどの一眼カメラには外付けストロボ用の電子接点が付いているので、アクセサリーシューでもホットシューでも特に区別はされていません。

一眼カメラのホットシュー

一眼カメラの上部にあるホットシューもしくはアクセサリーシュー

ホットシューを使わない時に保護する為のホットシューカバーは、メーカーや機種によって最初から付属してたりしてなかったりと統一されていないので無くても特に問題はありません。電子接点の部分を傷つけたり、金具部分を変形させない限りは、ホットシューカバーをしていないからと言って特に不具合が発生すると言った事はほぼ無いと思います。

ホットシューカバー

カメラのメーカーや機種によってホットシューカバーが付属している場合もある

ストロボ以外のホットシューの活用方法

ホットシューにクリップオンストロボを取り付けて撮影するかと言うと、実際はオフカメラで使用する方が圧倒的に多く、また、ストロボ以外の物をホットシューに取り付けてカメラをより便利に使えるようになります。

ストロボの無線フラッシュトリガー

スタジオ撮影、野外ポートレート撮影などでストロボをカメラから離れたところ(オフカメラ)で発光させたり、多灯ライティングをする時に、無線フラッシュトリガーをホットシューに取り付けて使います。

ストロボの無線フラッシュトリガー

照明

一眼カメラを使って動画撮影する場合、ホットシューにLED照明を取り付けるといった活用方法があります。バッテリーを取り付ければACアダプターが必要ないので、野外でも使うことができます。

ホットシューにLED照明

マイク

通常の写真撮影ではマイクは必要ありませんが、動画撮影する際に外付けマイクをホットシューに取り付けて使うこともできます。カメラ内臓のマイクでも十分ですが、より音質にこだわった動画にしたい場合は、外付けマイクがおすすめです。

ホットシューに外付けマイク

水準器

最近のカメラには水準器が内蔵されている場合が多いのですが、ホットシューに取り付け可能な小型の水準器があります。水準器無しのカメラで三脚を使って撮影する場合に、非常に便利なグッズです。

アマゾンなどでも簡単に手に入りますが、値段はピンキリで格安の水準器は精度が悪かったりするのでレビューをしっかり見てから購入することをおすすめします。

ワイウェイタイプの水準器は安いのですが、真上から見る必要があるので、低い位置にカメラを設置しないと使い勝手が悪いので、横からでも見れる2ウェイの方が便利です。

小型カメラやスマホも取付け可能

ホットシューアダプターには様々な種類があり、コンデジやGoProなどのウェアラブルカメラ、スマホを取り付けることで一眼カメラで写真を撮影しながら、それと当時に動画を撮影することも可能です。

また、小さめの外部モニターを取り付ければ、カメラの小さい液晶モニターでは難しい細部の確認をその場で行うことが出来きます。ただし野外では風の抵抗を受けるので風の強い日は取り扱いに注意が必要です。

自由雲台と同じ様なボールヘッド状のホットシューアクセサリーなら角度を自由に調整でき、1/4″ネジには色々なものと組み合わせることができます。

スマートフォンホルダーと組み合わせれば、ホットシューにスマホを取り付けることもできます。

おしゃれなホットシューカバーにドレスアップ

味気ないカメラのホットシューをおしゃれにドレスアップする為のグッズも販売されています。

名入れホットシューカバー

自分の名前や文字を入れてもらえる名入れホットシューカバーで他の人とは差別化することもできます。素材はプラスチックだけでなく、アルミ製もあります。

素材にこだわったホットシューカバー

プラスチックだと普通すぎるという方には金属製や木製のホットシューカバーでちょっとおしゃれにドレスアップできます。

ニコン純正のアルミ製(シルバーやメタルブラック)やレザー製のアクセサリーシューカバーがあり、ニコンダイレクトではゴールドが限定発売されています。

サードパーティ製のホットシューカバーには木製もあります。

可愛いホットシューカバー

カメラ女子向けに動物型や植物型の可愛いホットシューカバーもあるので、おしゃれにドレスアップすることも可能です。

DIYでホットシューカバーをデコる

既製品で気に入ったものがなければ、自分で完全オリジナルのホットシューカーバーを自作してドレスアップすることも可能です。まずは安いプラスチック製の汎用ホットシューカバーを購入して、自分の好きなようにDIYでデコるという方法もあります。

アイデア次第では自分だけのオリジナルホットシューカバーが作れるので楽しいかもしれません。

まとめ

一眼カメラのホットシューはアイデア次第でいろいろな用途で使うことが出来る非常に便利なパーツです。特に動画撮影する際には、普段使わない機能を拡張する為にホットシューが大活躍してくれます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カメラ基礎知識
スポンサーリンク
アバター

ニュージーランド在住の写真家&グラフィックデザイナー。ニュージーランドの息をのむほど美しい絶景と空一面に広がる風景写真、星空と天の川の星景写真を中心に撮影。写真やカメラに関する情報をわかりやすく解説し発信しています。

フォローする
フォトグラファン