写真編集・RAW現像向けおすすめノートパソコンと選ぶ時のポイント

写真編集やRAW現像におすすめのノートパソコンカメラ・機材

一眼カメラのRAW現像や写真編集に向いているおすすめノートパソコンと選ぶ時のポイントをわかりやすくまとめてみました。様々な種類のノートパソコンが発売されていますが、写真編集する際に重要となるCPUやメモリ容量、正確な色を表示できるモニターなど、カメラマンに最適なモデルを厳選してご紹介します。

写真編集向けノートPCの選ぶ時のポイント

メーカーによってはクリエイター向けのラインナップがあり、写真編集がしやすいスペックのノートパソコンが用意されている場合もあります。また、写真編集向けのノートパソコンは、一般的なモデルに比べると高性能で、スペック的にはゲーミングノート(ゲーム用)に近いので、ゲーミングノートを写真編集用として代用するのもアリです。

ノートパソコンは、デスクトップPCとは違い、限られたスペースしかないのでBTOパソコンであっても拡張性が低く、カスタマイズ可能な部分はメモリやストレージのSSDなどに限定される場合がほとんどです。

写真編集・RAW現像に適したパソコンの選び方と重要なポイント – 初心者向け
写真編集やRAW現像向けのパソコンは、ハイスペックな方がより快適に作業ができますが、既製品だと丁度よいスペックが少なく割高な場合が多いので、自分に合ったスペックにカスタマイズでき比較的割安で購入できるBTOパソコンがおすすめです。 今...

サイズ

ノートパソコンのサイズは主に14型、15型、17型が主流になりますが、持ち運ぶ頻度でどのサイズにするかを選ぶのが良いかと思います。

14型

14型は、画面サイズが14インチで、軽量なモデルが多いので頻繁に持ち運び、主に外出先で写真編集を行ったり、サブ機として使う場合におすすめです。

15型

15型は、画面サイズが15.6インチで、持ち運びにもそれ程苦にならないサイズ・重量のモデルが多いので、時々、持ち運んで外出先でも使うという方におすすめです。現在の主流は15型で様々なモデルがラインナップされていて、選択肢が豊富なのが特徴です。

17型

17型は、画面サイズが17.3インチで、画面サイズが大きいので写真編集の作業はしやすくなりますが、その分重量が増えて持ち運びには不向きになります。家にデスクトップパソコンを置くスペースがなく、ほぼ外出先へ持ち運びしない場合は、画面の大きい17インチ以上のノートパソコンがおすすめです。

モニター

色域

写真編集をする場合、やはり正しい色で表示できるかどうかが重要で、できるだけ広い色域をカバーしているモニターのノートパソコンを選ぶのがポイントです。目安としては、sRGBを100%近くカバーできていれば、モニターキャリブレーションを行うことで正確な色で作業が行えます。

クリエイター向けのノートパソコンの場合、色域の広いディスプレイを採用しているモデルが多いのが特徴です。

モニターのキャリブレーションとは?正確な色で写真編集しよう
写真を現像してSNSなどにアップしたら、写真が全体的に暗すぎたり、明るすぎたり、赤味がかっていたり、思ったような色味になっていない場合は、使っているモニターが原因かもしれません。 パソコンのモニターをキャリブレーションして正確な色に調...
i1 Display Proの使い方:普通のモニターをキャリブレーションする方法
高価なカラーマネジメント対応モニターでなくても、キャリブレーターを使えば普通のモニターを正しい色に調整することができます。キャリブレーター選びは安価な機種だと機能的に物足りない場合があるのでX-Rite社のi1 Display ProやDa...

解像度

ノートパソコンのモニター解像度はフルHD(1920×1080)が一般的ですが、写真編集する場合は、フルHDよりも大きいWUXGA(1920×1200)や4K(3840×2160)の方が作業領域が広いので編集作業がしやすくなります。

メモリ

RAW現像や写真編集する場合、メモリ容量は重要な要素最低でも16GBは必要になり、高解像度の写真を扱う場合や動画編集も行う場合は32GBあると安心です。

写真編集ソフトの動作要件として、メモリは8GB以上がほとんどですが、推奨は16GB以上になっている場合がほとんどです。

CPU

CPUは処理速度を左右する重要な要素の一つで、早いCPUほど高額になってしまいます。RAW現像や写真編集する場合は、IntelのCore iシリーズi7やAMD Ryzen 7が理想ですが、Intel Core i5やAMD Ryzen 5でも写真編集は可能です。

GPU(グラフィックボード)

写真編集作業の大部分ではあまりGPUは使用されませんが、最近のRAW現像ソフトの一部機能でGPUを使う場合があるので、グラフィックスのGPUはあったに越したことはありません。写真編集が主な用途であれば超高性能である必要はなく、単体GPUのエントリーモデルでも十分にその恩恵を実感できます。

もし、動画編集も行う場合は、より高性能なGPU搭載モデルを選ぶのがおすすめです。

ストレージ

写真編集で使うノートパソコンのストレージは、M.2 SSDで最低でも512GB、様々なソフトウェアをインストールして使いたい場合は1TB以上はあると安心です。BTOパソコンであれば、注文時のオプションでストレージ容量を増やすことも可能です。

最近のノートパソコンのストレージには、HDDを搭載しておらずSSDのみが主流となっていて、あまり容量に余裕がないので、必要なものだけをパソコン内に保存するといった使い方になります。それ以外の写真などは、外付けHDDやSSDへの保存が基本となります。

SDカードスロット

ノートパソコンは、SDカードスロットが無かったり、あってもMicro SDのみの場合もあるのですが、外付けのカードリーダーやハブで対応できるので、特にこだわる必要はないと思います。

USBスロット

大抵のノートパソコンにはUSBスロットが3、4個ほど付いていますが、USBタイプCでThunderbolt対応であれば、外部モニターやストレージへの接続、充電など拡張性が高くなり多くのメリットがあるので、選ぶ際の一つのポイントととなります。

写真編集向けおすすめノートパソコン

14型

マウスコンピューター DAIV 4P

マウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコンのDAIV 4Pは、14型のサイズで985gと超軽量なので外出先でRAW現像や写真編集を行う機会の多い人におすすめです。また、ディスプレイの色域はsRGB比100%と広く、モニター解像度がフルHDよりも少し高さがあるWUXGA(1920×1200)なので写真編集の作業がしやすいのが特徴です。

GPUが内蔵型のインテル Iris Xe グラフィックスで、独立型のGPUに比べると若干の性能は劣りますが、内蔵型GPUとしては高性能で、写真編集ソフト程度の負荷ならある程度の効果が期待できるかと思います。

価格:税込153,780円~

【公式ホームページ】マウスコンピューター DAIV 4P
メモリ32GB&ストレージ1TBに増設したモデル⇒
マウスコンピューター DAIV 4P-H
ディスプレイ14インチ
解像度WUXGA(1920×1200)
色域sRGB比 100%
CPUインテル Core i7-1165G7 (2.80GHz)
メモリ16GB
グラフィックスインテル Iris Xe グラフィックス(内蔵型)
ストレージ512GB(M.2 SSD )
本体重量985g
その他Thunderbolt 4、Wi-Fi 6、SDカードリーダー

マウスコンピューター DAIV 4N


マウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコンのDAIV 4Nは、14型のサイズで1.43kgと軽量でありながらRAW現像も難なくこなせるモデルです。ディスプレイの色域はsRGB比102%と広いので、写真編集にも対応できます。

また単体GPUを搭載しているので、簡単な動画編集などもストレスなく快適に行うことが可能です。

価格:税込159,280円~

【公式ホームページ】⇒ マウスコンピューター DAIV 4N
メモリ32GB&ストレージ1TBに増設したモデル⇒
マウスコンピューター DAIV 4N-H
ディスプレイ14インチ
解像度フルHD(1920×1080)
色域NTSC比72%(sRGB比換算 約102%)
CPUインテル Core i7-1165G7 (2.80GHz)
メモリ16GB
グラフィックスGeForce GTX 1650 Ti (4GB)
ストレージ512GB(M.2 SSD )
本体重量約 1.43kg
その他Thunderbolt 4、Wi-Fi 6、SDカードリーダー

MSI Prestige 14 A11

MSIのビジネスクリエイター向けノートパソコンのPrestige 14 A11シリーズは、第11世代のインテル Core i7を搭載し、sRGBよりも広いAdobe RGB比100%と広色域なディスプレイで写真編集に適したモデルです。独立GPUを搭載した高性能モデルでありながら、1.29kgと非常に軽量で持ち運びにも便利です。また、Thunderboltが2つあり拡張性に優れているのも特徴です。

価格:税込168,800円~

【パソコンSHOPアーク】⇒ MSI Prestige 14 A11
ディスプレイ14インチ
解像度フルHD(1920×1080)
色域Adobe RGB比 100%
CPUインテル Core i7-1185G7 (3.0GHz )
メモリ16GB
グラフィックスGeForce GTX 1650 Max-Q (4GB)
ストレージ1TB(M.2 SSD )
本体重量1.29Kg
その他Thunderbolt 4 × 2、Wi-Fi 6、micro SDカードリーダー

MSI Prestige 14 A11を楽天市場で探す

VAIO Z(VJZ1411)

icon
icon

高品質な日本製ノートパソコンにこだわるならカーボンボディのおしゃれなVAIO Zがおすすめです。VAIO Zの初期段階では、写真編集用としては若干スペックが物足りないので、CPUやメモリ、ストレージ容量、ディスプレイなどのカスタマイズをすると快適に使うことができます。

特にAdobe RGBの色域を100%カバーする4Kディスプレイがおすすめです。CPUは処理の早いCore i5を搭載しているので、写真編集であれば問題ありませんが、できれはCore i7にして、ストレージやメモリの容量も増強下ほうが安心です。

価格:税込272,580円~

【公式ホームページ】VAIO Zicon
ディスプレイ14インチ
解像度フルHD(1920×1080)もしくは4K(3840×2160)
色域Adobe RGB 100%(4Kの場合)
CPUインテル Core i5-11300H (3.1GHz)
メモリ8GB
グラフィックスインテル Iris Xe グラフィックス(内蔵型)
ストレージ256GB(M.2 SSD )
本体重量約958g
その他Thunderbolt 4、Wi-Fi 6

おすすめカスタマイズ

    • ディスプレイ:4K(3840×2160)
    • CPU:インテル Core i7-11370H(3.3GHz)の16GB以上
    • ストレージ:1TB以上

15型

マウスコンピューター DAIV 5P

マウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコンのDAIV 5Pは、15型で、独立GPUを搭載しているので負荷のかかる写真編集機能やちょっとした動画編集もこなせるモデルです。ディスプレイの色域はsRGB比102%と広範囲なので、写真編集にも対応できます。

価格:税込164,780円~

【公式ホームページ】
マウスコンピューターDAIV 5P
メモリ32GB&ストレージ1TBに増設したモデル⇒
マウスコンピューターDAIV 5P-H
ディスプレイ15.6インチ
解像度フルHD(1920×1080)
色域NTSC比72%(sRGB比換算 約102%)
CPUインテル Core i7-10750H (2.60GHz)
メモリ16GB
グラフィックスGeForce GTX 1650 Ti (4GB)
ストレージ512GB(M.2 SSD )
本体重量約 1.53kg
その他Wi-Fi 6、micro SDカードリーダー

マウスコンピューター DAIV 5N

マウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコンのDAIV 5Nは、15型で、モニターの解像度がWQHD(2560×1440)で大きめでRAW現像や写真編集作業がしやすいのが特徴です。ディスプレイの色域はsRGB比100%なので、キャリブレーションを行えばある程度正確な色で作業が行えます。

また、5Pシリーズよりも高性能なGPUを搭載しているので、動画編集をするならDAIV 5Nシリーズの方がおすすめです。

価格:税込197,780円~

【公式ホームページ】
マウスコンピューターDAIV 5N
メモリ32GB&ストレージ1TBに増設したモデル⇒
マウスコンピューターDAIV 5N-H
ディスプレイ15.6インチ
解像度WQHD(2560×1440)
色域sRGB比 100%
CPUインテル Core i7-10870H (2.20GHz)
メモリ16GB
グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop (6GB)
ストレージ512GB(M.2 SSD )
本体重量約 1.73kg
その他Wi-Fi 6、micro SDカードリーダー

MSI Prestige 15 A11(4K解像度)


MSIのビジネスクリエイター向けノートパソコンのPrestige 15 A11シリーズの中でも、ディスプレイ解像度が4Kで、Adobe RGB相当の広色域を100%カバーしているモデルPrestige-15-A11SCS-032JPがおすすめです。第11世代のインテル Core i7を搭載し、メモリ32GBストレージ1TBあり、動画編集にも難なくこなせるハイスペックな仕様です。

また、Thunderboltが2つあり拡張性に優れているのも特徴です。

価格:税込206,800円~

【パソコンSHOPアーク】⇒ MSI Prestige 15 A11
ディスプレイ15.6インチ
解像度4K(3840×2160)
色域Adobe RGB比 100%
CPUインテル Core i7-1185G7 (3.0GHz)
メモリ32GB
グラフィックスGeForce GTX 1650 Ti Max-Q (4GB)
ストレージ1TB(M.2 SSD )
本体重量1.69kg
その他Thunderbolt 4 × 2、Wi-Fi 6、microSDカードリーダー

MSI Prestige 15 A11(15-A11SCS-032JP)を楽天市場で探す

GIGABYTE AERO 15 OLED

GIGABYTEのクリエイター向けノートパソコンAEROシリーズのAERO 15 OLED(KC-8JP5130SP)は、4K有機ELディスプレイDCI-P3の色域カバー率100%でsRGBよりも25%多くの色をカバーしているのが特徴で、きめの細かい表示で写真編集を行うことができます。また、GPUも高性能なので、動画編集にも強いモデルです。

ストレージが標準で512GBなので、注文時のオプションで増やすことも可能です。

価格:税込219,780円~

【パソコンSHOPアーク】⇒ GIGABYTE AERO 15 OLED
ディスプレイ15.6インチ
解像度4K(3840×2160)
色域DCI-P3色域カバー率100%
CPUインテル Core i7-10870H (2.2GHz)
メモリ16GB
グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPU (6GB)
ストレージ512GB(M.2 SSD )
本体重量2kg
その他Thunderbolt 3、Wi-Fi 6、SDカードリーダー

GIGABYTE AERO 15 OLED(KC-8JP5130SP)を楽天市場で探す

HP Spectre x360 15-eb(スタンダード)

iconicon

HPのSpectreシリーズのx360 15-ebは、クリエイター向けのハイスペックノートパソコンで、4K有機ELディスプレイでsRGB、Adobe RGB、DCI-P3の色域カバー率が100%を実現しています。また、用途に合わせてWeb(sRGB)、Photo(Adobe RGB)、Movie(DCI-P3)のモードに切り替えが可能になっていて、色にこだわった写真編集をするには使いやすい仕様となっています。

Spectre x360 15-ebのスタンダードは、メモリが16GB、ストレージは512GB、GPUが内蔵型のインテル Iris Xe グラフィックスとなります。ストレージ容量が1TB欲しい場合は、スタンダードプラスを選択されるといいと思います。また、高性能なGPUを搭載した、パフォーマンスモデルも用意されています。

価格:税込214,280円~

【公式ホームページ】
HP Spectre x360 15-ebicon
ディスプレイ15.6インチ
解像度4K(3840×2160)
色域sRGB、Adobe RGB、DCI-P3色域カバー率100%
CPUインテル Core i7-1165G7(2.8GHz)
メモリ16GB
グラフィックスインテル Iris Xe グラフィックス(内蔵型)
ストレージ512GB(M.2 SSD )
本体重量2kg
その他Thunderbolt 4 x 2、Wi-Fi 6、microSDカードリーダー

ASUS ZenBook Pro Duo 15 OLED UX582LR

iconicon

ASUS(エイスース)のZenBook Pro Duo 15 OLED UX582LRは、15.6インチの4K有機ELディスプレイDCI-P3の色域カバー率100%でsRGB比で133%の色をカバーしています。また、ZenBook Pro Duoの最大の特徴は、メインディスプレイとは別に細長いセカンドディスプレイを搭載した2画面ノートパソコンです。写真編集や動画編集をする場合、2画面にすることで作業範囲が広がり効率よく作業することが可能です。

メモリ32GB、高性能GPUを搭載しているので、動画編集も難なくこなせるハイスペックなクリエイター向けのモデルとなっています。

価格:税込399,800円

【公式ホームページ】⇒ ASUS ZenBook Pro Duo 15 OLED UX582LRicon
ディスプレイ15.6インチ
解像度4K(3840×2160) + 4K ScreenPad(3840X1100)
色域DCI-P3色域カバー率100%
CPUインテル Core i7-10870H (2.2GHz)
メモリ32GB
グラフィックスGeForce RTX 3070 Laptop GPU (8GB)
ストレージ1TB(M.2 SSD )
本体重量2.4kg
その他Thunderbolt 3 x 2、Wi-Fi 6

17インチ

GIGABYTE AERO 17 HDR

GIGABYTEのクリエイター向けノートパソコンAEROシリーズのAERO 17 HDR(XD-73JP524SP)は、4KディスプレイAdobe RGBの色域を100%カバーしているのが特徴で、きめの細かい表示で写真編集を行うことができます。また、GPUも高性能なので、動画編集にも強いハイスペックモデルです。

メモリが標準で16GBなので、4K動画の編集もする場合は注文時のオプションで32GBに増やすことも可能です。

価格:税込318,780円~

【パソコンSHOPアーク】⇒ GIGABYTE AERO 17 HDR
ディスプレイ17.3インチ
解像度4K(3840×2160)
色域Adobe RGB 100%
CPUインテル Core i7-11800H (2.3GHz)
メモリ16GB
グラフィックスGeForce RTX 3070 Laptop GPU (8GB)
ストレージ1TB(M.2 SSD )
本体重量2.5kg
その他Thunderbolt 4、Wi-Fi 6、SDカードリーダー

GIGABYTE AERO 17 HDR(XD-73JP524SP)を楽天市場で探す

マウスコンピューター DAIV 7N


マウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコンのDAIV 7Nは、写真編集だけでなく4K動画編集にも対応するハイエンドモデルです。4KディスプレイAdobe RGBの色域を100%カバーしていて、標準でインテル Core i9のCPUを搭載し、メモリは32GBなので、カスタマイズ不要でも難なくクリエイティブな作業ができるハイスペック仕様です。ただし重量が5kg弱あるので持ち運びにはあまり向いていないかもしれません。

価格:税込494,780円~

【公式ホームページ】マウスコンピューターDAIV 7N
ディスプレイ17.3インチ
解像度4K(3840×2160)
色域Adobe RGB 100%
CPUインテル Core i9-11900K (3.5GHz)
メモリ32GB
グラフィックスGeForce RTX 3080 Laptop GPU (16GB)
ストレージ1TB(M.2 SSD )
本体重量4.65kg
その他Thunderbolt 4、Wi-Fi 6、SDカードリーダー

まとめ

高性能なノートパソコンであれば、写真編集作業は難なくこなせるモデルが多いのですが、正しい色が表示できるかという点では、やはりクリエイター向けの色域の広いディスプレイを搭載したノートパソコンに限られるかと思います。

モニターの色域はそこそこで、その他のスペックだけで選ぶのであれば、もう少し選択の幅が広がって見つけやすくなるかもしれません。自分が求めている作業内容に合わせて、自分に適したノートパソコンを探してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カメラ・機材
スポンサーリンク
アバター

ニュージーランド在住の写真家&グラフィックデザイナー。ニュージーランドの息をのむほど美しい絶景と空一面に広がる風景写真、星空と天の川の星景写真を中心に撮影。写真やカメラに関する情報をわかりやすく解説し発信しています。

フォローする
フォトグラファン