RAW現像とは?レタッチで写真を最大限に引き出すRAWファイル

RAW現像とは?カメラ基礎知識

デジタル一眼カメラで写真を撮影する場合、RAWとJPEGの2種類の保存形式がありますが、撮影後に現像をするならRAW形式で保存するのがおすすめです。RAW現像と聞くと難しいように思われがちですが、簡単に扱える写真編集ソフトを使えば、初心者の方でも気軽にレタッチを楽しむことができます。

今回は、デジタル一眼カメラの性能を最大限に引き出せるRAW現像について詳しく解説します。

RAW現像とは?

RAW現像とは、デジタルカメラのRAW形式で保存されたファイルをPCなどの写真編集ソフトを使って、明るさや色調などを調整してJPEGやTIFFなどの画像ファイルに変換する作業のことを言います。

RAWファイル

デジタルカメラのRAWファイルとは、現像処理が施されていない未加工の色情報ファイルの事で、基本的にはRAWファイルに対応しているビューワー(画像閲覧ソフト)がないと写真として表示することができません。

JPEGに比べるとRAWファイルは圧倒的に色の情報量が多い分、ファイル容量は大きくなってしまいますが、画像劣化がほとんどなく、写真加工する上では非常に大きなメリットとなります。

RAWとJPEGの違いを比較!写真はRAW保存が絶対おすすめな理由
一眼カメラの保存形式にはRAWとJPEGがありますが違いをご存知ですか?一眼カメラ初心者にはあまり聞きなれないRAWですが、白飛びや黒潰れなどで失敗した写真も驚きのレタッチで蘇らせることができます。今回はRAWデータの特徴やメリットをJPE...

メーカーや機種によって独自のフォーマットが使われている為、RAWファイルの拡張子は様々で、ニコンは.NEF/.NRW、キヤノンは.CR2/.CR3、ソニーは.ARW/.SR2/.SRF等となっています。

RAW現像で可能なこと

JPEGファイルでもある程度のレタッチは出来るのですが、色情報が少ない為、限られた範囲のみとなります。一方、RAWファイルなら多くの色情報を含んでいる為、補正できる色域に余裕があり、JPEGファイルでは出来なかったレタッチも可能になります。

ホワイトバランスを現像時に変更可能

RAWファイルの場合、ホワイトバランスの調整は現像時に自由に変更が可能です。撮影中は無理にホワイトバランスを調整する必要はないので設定はオートにしておいて、家に帰って現像する時に調整するようにすれば、撮影に集中できるというメリットがあります。

RAW現像ならホワイトバランスを簡単に変更可能

RAWファイルなら、ホワイトバランスは数値で細かく調整できまが、JPEGの場合は数値で調整することは出来なく、基本的にはホワイトバランスは後から変更するのは難しくなります。その為、JPEGで撮影する時は、ホワイトバランスをその場で適正に調整する必要があります。

白飛び・黒つぶれの復元に強い

PCのモニターで見て白飛びや黒つぶれしているような写真でも、色情報が豊富なRAWファイルの場合、現像時にハイライトやシャドー部分の明るさ等を調整すれば、ある程度の復元が期待できます。

特に露出アンダー気味の暗い写真であれば、シャドー部分を明るくする事で、若干ノイズが多くなりますが復元する事ができます。

RAW現像の例:空や木のディテールが復元できる

もちろんRAWファイルであっても完全に白飛びや黒つぶれしてしまっている場合は、現像時に復元することはできないので、撮影時は必ずヒストグラムをチェックすることが重要です。

写真のヒストグラムの見方を理解して一眼カメラを上達させよう!
写真のヒストグラムの正しい見方が分かると写真撮影だけでなく現像やレタッチにも役立ちます。撮影現場でカメラの液晶画面で小さな写真を見ても細部を確認することは出来ませんが、ヒストグラムを見る事で適正な露出やコントラストなのかを判断することができ...

画像を劣化させずに編集・レタッチ

RAW現像ソフトは、非破壊編集と言われる元画像はそのままの状態でレタッチが可能な仕組みになっています。色々な修正を加えてもRAWファイルのオリジナルは変わることはなく、画質が劣化することはありません。

RAW現像の仕組みとしては、元のRAWファイルとは別に、現像用の情報を含んだファイルが保存され、その情報を元にして、JPEGやTIFFファイルなどに書き出すことで、ようやく画像ファイルとなります。

もちろん、元のRAWファイルはそのままなので、一旦現像し保存してしまった場合でも、後日、元に戻したり、更に編集して手を加えても画像が劣化することはありません。

一方のJPEGは元に戻すことのできない不可逆圧縮と言われる方式で保存される為、何度も修正を加えることで画像が更に劣化してしまいます。

RAWファイル対応の写真編集ソフト

RAW現像するには、各カメラのRAWファイルに対応した写真編集ソフトが必要になり、一般的な写真編集ソフトでは編集どころか、ファイルを開くことすらできない場合がほとんどです。

無料のRAW現像ソフト

各カメラメーカーは無料のRAW現像ソフトを用意していて、ある程度の編集ができるようになっています。

有料のRAW現像ソフト

サードパーティー製の有料のRAW現像ソフトなら高機能で様々なレタッチを楽しむことができ、大量のい写真を一括管理できる機能も充実しています。

Lightroom

Adobe社のLightroomは、ほとんどのプロの写真家が使用しいると言っても過言ではない位、定番中の定番のRAW現像ソフトです。カメラメーカー純正のソフトにはない細かな調整や加工が出来るだけでなく、大量の写真を扱う場合でも、写真管理機能が群を抜いた使いやすさで簡単に整理することができる、プロ御用達の総合的写真編集ソフトです。

Lightroomはサブスクリプション型の月額制となっていて、使い続けるには月々の料金がかかるのですが、その代わり常に最新のバージョンを使うことができ、最新モデルのカメラのRAWデータにも対応が早いのが最大のメリットとなります。

RAW現像ソフトLightroomとは?平凡な写真が一流になる定番の写真編集ソフト
Adobe社のLightroomは驚異のレタッチ性能で平凡な写真が一流写真に蘇るプロの写真家御用達の定番のRAW現像ソフトです。カメラメーカー純正の無料RAW現像ソフトでもある程度のレタッチは出来ますが、Lightroomを一度使ってしまう...
LightroomはAdobe公式ページなら月額980円
LightroomとPhotoshopの両方が使えるフォトプランの月額980円はAdobe公式ページでのお申込みのみです!月額1980円の1TBのストレージ付きならアマゾンからでも購入可能ですが、ストレージが必要ない場合は、Adobe公式ページの方が断然お得です。
Adobe公式ページ『フォトプラン

Luminar 4 & Luminar AI

Skylum社のLuminarは、機能的にはLightroomと同等で、独自機能のAI機能は直感的な操作で写真加工が気軽に楽しめ、初心者の方にもおすすめのRAW現像ソフトです。しかも買い切りタイプで月々の支払が不要なので気軽に始めたい方や使用頻度の低いライトユーザーにもおすすめです。

RAW現像初心者で写真編集をAIに任せてプロ並みの仕上がりにしたいならLuminar AIがおすすめです。Luminar AIよりも少し高度に自分で編集し、大量の写真管理をする場合はLuminar 4がおすすめです。

RAW現像ソフトLuminar AIは人工知能搭載で写真初心者がプロ並みに
Luminar AIは人工知能で面倒な写真現像作業を簡素化し、初心者でもプロ並みの写真に編集できる次世代型のRAW現像ソフトです。Luminar AIはAI搭載でありながら細かな写真編集が出来るので初心者からプロ写真家まで対応しています。RAW現像ソフトLuminar AIの特徴やLuminar 4との違いをレビューします。
RAW現像ソフトLuminar 4はAI機能が秀逸でLightroomの代替としてもOK!
RAW現像ソフトと言えばAdobeのLightroomが独壇場でほぼ一択だったのですが、Luminar 4を使ってみて、その高性能さに驚かされました。特にLightroomにはない人工知能のAIが自動的に画像処理してくれる機能は秀逸で、あっ...
Luminarの詳細 ⇒ Luminar 4 公式ページ(日本語)
割引用プロモーションコード:PHGFAN
※製品によっては割引対象外の場合があります

SILKYPIX Pro10

国産のRAW現像ソフトSILKYPIXは、2004年の発売以来、常に進化し続ける評価の高い写真編集ソフトウェアです。SILKYPIXの写真現像機能は他社のRAW現像ソフトと比較しても基本的な機能にほとんど差はなく、プロフェッショナル版のSILKYPIX Pro10は、RAW現像ソフトでありながらRAWファイルのまま写真合成ができる機能も備わっているのが大きな特徴です。

RAWのまま合成可能な国産RAW現像ソフトSILKYPIX Pro10を使ってみた
国産のRAW現像ソフトSILKYPIXは、市川ソフトラボラトリーという会社が開発している2004年の発売以来、常に進化し続ける評価の高いソフトウェアです。SILKYPIXのプロフェッショナル版のPro10にはRAW現像ソフトでありながらRA...

まとめ

RAWファイルにはカメラで撮影した色情報を最大限に含んでいる為、JPEGファイルでは実現できなかったレタッチができるようになります。

写真は撮影するだけでなく、レタッチするという楽しさもあるので、今までJPEGのみで撮影していた初心者の方は、ぜひRAW現像にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カメラ基礎知識現像・レタッチ
スポンサーリンク
アバター

ニュージーランド在住の写真家&グラフィックデザイナー。ニュージーランドの息をのむほど美しい絶景と空一面に広がる風景写真、星空と天の川の星景写真を中心に撮影。写真やカメラに関する情報をわかりやすく解説し発信しています。

フォローする
フォトグラファン