ステップアップリングがあればサイズ違いのフィルターを使いまわせて便利!

ステップアップリング

一眼レフカメラ歴が長くなるにつれてレンズの本数が増えてきますが、レンズによってフィルター径のサイズが違って、それぞれに合ったフィルターを購入するのは大変です。レンズプロテクターなら比較的安価なのでそれぞれに購入しても問題ないのですが、NDフィルターや偏光フィルターなどは高価な為、ちょっと躊躇してしまいますよね?

でも、ステップアップリングと言う便利なカメラグッズを使う事で、一つのフィルターをいろいろなレンズに装着して使いまわすことが可能になります。

スポンサーリンク
Google Ad336px

ステップアップリングとは?

ステップアップリングとは、小さいサイズのフィルター径に大きいサイズのフィルターを取り付ける為の変換アダプターです。小口径レンズに大口径フィルターが使用できるお財布に優しい画期的な便利グッズです。

例えば、52mmのフィルター径のレンズに72mmのNDフィルターを装着したいなら、52-72mmのステップアップリングを使用します。

ステップアップリングの使い方はいたって単純で、大きい方のフィルター径にフィルターを装着して、それを小さいフィルター径のレンズに付けるだけです。

ステップアップリングにフィルターを装着

フィルターを装着したステップアップリング

ステップアップリングの裏側

ステップアップリングの小さい径側をレンズに装着する

一番大きいフィルター径で揃えるのが基本

お持ちのレンズで一番大きなフィルター径のフィルターを揃えておいて、サイズに合わせたステップアップリングを買い足していきます。ステップアップリングで変換できるサイズは大体網羅されているのでそれぞれのレンズに合ったサイズを選んでください。

ステップアップリングは安価なので大きさ違いのフィルターを買い揃えるよりははるかに経済的です。

日本製で1000円以下程度で買えますし、中国製なら更に安価なものも手に入ります。構造的に単純なもので写真の写りに影響はないので特にメーカーに拘る必要もなく安価な物でも十分に機能は果たします。

ステップダウンリングと間違わないように注意!

ステップダウンリングと言うのもありますが、その名の通りステップアップとは逆で、大きいフィルター径に小さいフィルターを装着する為の変換アダプターですが、ケラレが生じやすいのであまり一般的ではありません。

ステップアップリングのデメリット

ステップアップリングは安価に済ませるメリットがあるのですが、フードが使えないというデメリットもあります。しかし、CPLフィルターや可変NDフィルターを使う時はフィルターを回転させるため結局フードが装着できないので、あまり大きなデメリットには感じないと思います。

まとめ

安物のフィルターをたくさん買い揃えるよりは、少し高価でも性能の良いフィルターを一つ買ってステップアップリングで使いまわす方法が最良ではないでしょうか?もちろん経済的に余裕あれば、レンズごとにフィルターを揃えるのが一番良いのですが…。