NDフィルターの番号から適正なシャッタースピードを計算する方法

減光フィルター

NDフィルター(減光フィルター)は、シャッタースピードを遅くして通常よりも露出時間を長くしたい時に使うフィルターです。簡単に言うと、サングラスの様ような感じで光の量を減らす為のフィルターです。

NDフィルターの番号が大ききれば大きいほど色が濃くなり、カメラのシャッタースピードを遅くすることができます。実際、NDフィルターを装着した時にどれくらいのシャッタースピードに設定すれば良いかご存知ですか?

スポンサーリンク
Google Ad336px

どうしてNDフィルターが必要なのか

例えば、昼間に滝や小川の流れを白糸のように表現したい時、明る過ぎてシャッタースピードを遅く出来ない場合、NDフィルターを使う事で実現可能になります。

絞りでシャッタースピードを変えるのは駄目なの?

確かに絞り値を上げることでシャッタースピードを遅くすることはできますが、F値を上げすぎると小絞りボケ(回折現象)が発生したりするので、適切な絞り値で撮影したいのなら絞り値でコントロールするのではなくNDフィルターを使うのがベストです。

NDフィルターの数字には意味がある

NDフィルターには、ND2、ND4、ND8、ND16…など番号が付いていますが、その数字はシャッタースピードを何倍遅くするかと言う意味です。NDフィルター装着前よりも、ND2なら2倍、ND4なら4倍、ND8なら8倍、シャッタースピードが遅くなります。(絞り値は一定)

シャッタースピード計算式

NDフィルターを装着した時のシャッタースピードの計算方法は以下になります。

装着前のシャッタースピード × NDの番号 = 装着時のシャッタースピード

例:フィルター装着前(フィルターなし)のシャッタースピードが1/1000秒で、ND2のフィルターを装着する場合。
1/1000 × 2 = 1/500 と言う計算で、結果、シャッタースピードは2倍遅くなり1/500秒になります。

NDフィルターあり・なし

左:NDフィルターなし、シャッタースピード1/15秒 右:ND8、シャッタスピード1/2秒

どのNDフィルターがおすすめ?

購入する時にどのNDフィルタにするか悩むと思いますが、自分の撮影したいものによって使い分けるのが一番良いかと思います。

無難なND8かND16

朝夕の時間帯やあまり陽の当たらない様な滝や清流などではND8辺りが無難な選択かと思います。ND16を選択して、シャッタースピードが遅すぎる場合は、ISOの感度を上げてシャッタースピードを速くするという方法もアリかと思います。
ND2、ND4だとあまり効果が期待できないかもしれません。

アイデア次第で楽しめるND400

用途としては、明るい時間帯の海岸、小川や滝、交差点で行き交う車や人をブラしたり、少し薄暗くなってきた街中の人を消したり、アイデア次第で面白い長時間露光の撮影が出来そうです。

値を変更できる可変式NDフィルター

可変式NDフィルターは、CPLフィルターのように回転させることで、1枚のNDフィルターで値を変更でき非常に便利ですが、少し高価になってしまいます。

安価な中国製の可変NDフィルターも多く出回っていますが、斑が多かったり、NDの実際の値とは違ったりする場合もあるので見極めが難しいです。お金をかけたくない方や気軽にNDフィルターの撮影をしたい場合は、安価なものでも良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
Google Ad336px
Google Ad336px

シェアする