皆既月食で幻想的な赤銅色の月を撮影しよう!ベストな時間帯と方法を解説

皆既月食の撮影方法

2018年1月31日の3年ぶりの皆既月食は、広範囲で見ることが可能で時間帯も深夜前とここ数十年の中でも好条件!しかも珍しい幻想的な赤銅色の満月になるとの事なので、是非撮影しておきたいところです。今回は2018年1月31日の月食の時間帯や方角などの詳しい情報と月食の撮影方法を解説します。

スポンサーリンク
Google Ad336px

皆既月食とは?

皆既月食とは、満月の前後に太陽と地球と月が一直線上に並び、月が地球の影に完全に入り込むため普段より暗く見えたり違った色に見える現象です。ただ単に月食と言われる現象は、月の一部が影に入る場合の事を指し、影になった部分が欠けて見えます。

詳しくは国立天文台が提供する動画をご覧ください!非常に分かりやすいです。

2018年1月31日の皆既月食の時間と方角

2018年1月31日の夜に日本全国で皆既月食を観察することができます。月の基本的な動きは東から西へとゆっくりと移動するのですが、月食の時間帯は以下になります。

月食の始まり:20時48分 東南東の空
皆既月食:21時51分~23時08分 南東の空
月食の終わり:0時12分 南の空

月食の正確な方向を調べる方法

月食の見え方は場所によって見え方が変わりますので、正確な情報を把握したい場合は『月食各地予報』で調べることができます。日本全国各都市だけでなく、海外の主要都市やGoogleマップなどからも場所を指定して調べることが可能です。

参照:
国立天文台 – 月食とは
国立天文台 – 皆既月食(2018年1月31日)

皆既月食の撮影方法

基本的には通常の満月の撮影方法と同じで大丈夫ですが、月の明るさが変化する為、微調整する必要があります。

詳しくは ⇒ 月の撮影方法は実は簡単!一眼レフ初心者なら挑戦してみよう

カメラの設定方法

モード:マニュアル
ISO:100
絞り:f8
シャッタースピード:1/250前後(通常の満月)

月食をアップで撮影

月をアップで撮影するには、200mm以上の望遠レンズが必要になります。

月食は通常よりも月が少し暗くなる為、シャッタースピードを若干遅くして暗くなり過ぎないようにするのがコツです。月食の欠け具合にもよるので、ヒストグラムを見ながら微調整しましょう。

とりあえずのシャッタースピードの目安として1/200~1/100前後。逆に遅すぎると月が白飛びしてしまうので注意が必要です。どちらかというと白飛びするよりは、暗い方がレタッチで復元可能なので、気持ち暗めの設定にしておくと失敗が少なくなります。

風景と一緒に月食を撮影

風景と月を一緒の構図で撮影するには緻密な下調べが必要になります。時間帯と月の方角と高さなどを把握して構図を決める必要がある為、難易度は少し高めです。

満月とは言え、広角レンズで撮影すると月が小さくなってしまい、主役の月食が目立たなくなってしまいます。望遠レンズを使い、できるだけ月を大きく写すと圧縮効果で風景との距離感が縮まり迫力ある写真に仕上がります。

成功させるコツは、事前にロケハンして望遠レンズでの画角や構図をしっかり確認しておく事です。初めて行く場所で行き当たりばったりで撮影しても確実に失敗します。

月食の変化をインターバル撮影

月食時間の長さは約3時間半なので、構図を固定して月食の初めから終わりまでをインターバル撮影して変化していく過程を撮るのも良いかと思います。インターバル撮影したものをタイムラプス動画にしたり、連続写真のように加工して一枚の写真にするのも面白いのではないでしょうか?

月の動く範囲を考慮した構図

インターバル撮影で月食の一部始終を撮影するには、構図の中に収める必要があるので、始まりと終わりの月の位置を事前に把握しなければいけません。広範囲で撮影すると月が小さくなってしまうので、月食全体ではなく皆既月食の部分だけに絞って大きめに撮るなどの工夫が必要かもしれません。

月の明るさの変化に対応する

月食では月の明るさが変化する為、通常の満月の状態から月食の終わりまで撮影するとなると、設定を固定して撮影した場合、白飛びや黒つぶれになる可能性があるので、絞り優先モードにした方が良いかもしれません。