カメラ用語の35mm換算とは? センサーサイズ別の計算方法を簡単解説

カメラ用語の35mm換算とは

同じ焦点距離のレンズでもフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズなどカメラのセンサーサイズが違うと写せる画角も違うのをご存知ですか? カメラ用語の中でも良く耳にする「35mm換算」という言葉、レンズを購入する際、非常に重要なので是非理解しておきましょう。

スポンサーリンク
Google Ad336px

35mm換算とは?

同じ焦点距離のレンズでもセンサーサイズが違うと写せる画角に違いが出てきます。例えば、焦点距離50mmのレンズをフルサイズ機とAPS-C機に装着した場合、どちらの画角が狭くなると思いますか? 正解はAPS-C機です。理由は簡単、センサーサイズが小さいからです。

カメラのセンサーサイズの違いで変わってしまう画角を分かりやすくする為に、35mm判のフルサイズ機を基準にして統一した画角が、いわゆる「35mm換算」もしくは「フルサイズ換算」と言われるものです。

よく耳にする「35mm換算で〇〇mm相当の画角」と言うアレです。

センサーサイズと画角の違いを分かりやすく図解

注意して欲しいのは、焦点距離が変わるのではなく、写せる範囲の画角が変わるという点です。

センサーサイズの違いで変わる画角の図解

実際の写真で比べてみると…

センサーサイズの小さいAPS-C機だとフルサイズ機に比べて画角が狭くなり写せる範囲にもかなりの違いが出るのが理解できると思います。

同じ焦点距離のレンズと画角の違い

センサーサイズ別の35mm換算の計算方法

35mmと言う数字が何だかややこしくしていますが、35mm換算の計算方法はいたってシンプルで簡単です。計算が必要なのは、センサーサイズの小さいAPS-C機やマイクロフォーサーズです。

もちろんフルサイズ機は基準となるので、レンズの焦点距離はそのままなので計算する必要はありません。

APS-C機(ニコン、ソニー)

レンズの焦点距離 × 1.5倍 = ○○mm相当の画角

例えば、ニコンのAPS-C機で、焦点距離50mmのレンズを使用する場合、1.5倍すればいいので、50mm x 1.5 = 75mmとなり、35mm換算で75mm相当の画角になることが分かります。

APS-C機(キャノン)

レンズの焦点距離 × 1.6倍 = ○○mm相当の画角

例えば、キャノンのAPS-C機で、焦点距離50mmのレンズを使用する場合、1.6倍すればいいので、50mm x 1.6 = 80mmとなり、35mm換算で80mm相当の画角になることが分かります。

マイクロフォーサーズ

レンズの焦点距離 × 2倍 = ○○mm相当の画角

例えば、マイクロフォーサーズ機で、焦点距離50mmのレンズを使用する場合、2倍すればいいので、50mm x 2 = 100mmとなり、35mm換算で100mm相当の画角になることが分かります。

まとめ

フルサイズ機とAPS-C機の両方を所有していてレンズを使いまわすような場合は、結構この35mm換算で計算したりします。また、Flickrや500px、Photohitoなどの写真共有サイトや写真雑誌などで他の人の作品を参考にする場合も、焦点距離は必ずチェックすると思うので35mm換算は非常に重要です。

スポンサーリンク
Google Ad336px
Google Ad336px

シェアする