夜景撮影の設定方法!一眼レフカメラ初心者でも出来る基本編

オークランドの夜景

夜景撮影が難しいのでは?と思っている一眼レフ初心者の方は結構いると思いますが、適正なカメラの設定さえすれば綺麗な夜景を撮影することができます。一眼レフカメラにも夜景モードがあって簡単に撮影出来ますが、それでは一眼レフカメラで写真を撮る楽しみが全く味わえませんよね?

夜景にも色々種類がありますが、今回は風景をメインとした夜景撮影方法を説明していきたいと思います。基本的な夜景撮影の設定を覚えておけば様々なシチュエーションで活用できると思います。

スポンサーリンク
Google Ad336px

夜景撮影に必要な物

一眼レフカメラ

カメラの種類は、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ、ミラーレスなど一眼レフカメラがお薦めですが、コンデジでもマニュアルモードや絞り優先などが可能な比較的多機能なモデルでも大丈夫です。

レンズ

夜景撮影用のレンズは、カメラと一緒に購入したキットレンズで十分です。画角は、望遠、標準、広角、超広角など被写体に合わせて選ぶと良いと思います。

三脚

夜景撮影ではシャッタースピードが遅くなるのでブレ防止のために三脚は必須アイテムです。カメラの大きさに合ったグラつかない安定した三脚を用意することが重要です。

レリーズ

三脚に取り付けたカメラでもシャッターを押すとブレてしまいますので、レリーズを使った方が確実に綺麗な写真に仕上がります。レリーズがない場合は、カメラの2秒タイマー機能などで対応可能です。

ヘッドライトまたは懐中電灯

ヘッドライトがあると暗い場所でカメラの設定をする時に両手が使えるので便利です。念のため予備の電池を持っていくことをお勧めします。

夜景撮影のカメラ設定

夜景撮影には色々な方法がありますが、初心者でも簡単にできる絞り優先モードでの設定方法をご紹介します。3つのポイントさえ掴めば綺麗な夜景写真が撮れるようになります。

絞り優先モードでF8に設定

夜景撮影で一番簡単な設定は、絞り優先モード(ニコンの場合はA)です。任意の絞り値にすれば、カメラが自動的にシャッタースピードを最適化してくれます。夜景撮影は場所によって明るさが違うので、マニュアルモードでシャッタースピードを設定するのは初心者にっては至難の業なので、やはり絞り優先モードがおすすめです。

絞り値は風景全体をシャープにしたいので、F8からF10位に設定します。絞り値がF8以下だと周辺付近がぼんやりして、シャープな写真になりません。

ニコンの絞り優先モード

ニコンの絞り優先(A)モード

基本的にISOは100で大丈夫!

三脚を使うので基本的にはISOは100で大丈夫です。ISOは数値が小さいほど画質は良いのですが、その分シャッタースピードは遅くなり、露出時間が長くなります。

ISO100

ISO100、絞り値F8に設定

シャッタースピードが遅すぎると感じたら320程度まで上げてもそれ程ノイズは気にならないと思います。

ピントはマニュアルフォーカス

暗い場所だとオートフォーカスが上手く作動しない場合が多いので、レンズとカメラ本体をマニュアルフォーカスに設定し、カメラをライブビューモードに切り替えます。レンズに手ぶれ補正がある場合もOFFにします。

レンズをマニュアルモードに切り替え

レンズのマニュアルモードと手ぶれ補正をOFFに切り替え

カメラの液晶画面のライブビューを見ながら、メインとなる被写体やその近くの灯りを最大になるまでズームで拡大して、一番シャープになるようにレンズのピントリングを動かしピントを合わせます。

いざ、夜景を撮影してみる

とりあえず、準備ができたら失敗を恐れず夜景を撮影してみましょう。

レリーズや2秒タイマーでブレ防止

三脚に固定したカメラでも直接シャッターを押すと微妙な振動でブレてしまうので、レリーズやリモコンを使うことをお勧めします。レリーズが無い場合は、カメラの2秒タイマー機能でも代用できます。

カメラのレリーズ

レリーズを使うとカメラに直接触れないのでブレない

撮影した写真をプレビューで拡大して確認

小さい画面だけ見てもピントやブレに気付かない場合が多いので、撮影した写真をプレビュー画面で拡大して、ピントが合っているかやブレていないかを必ず確認しましょう。

撮影するたびに確認する必要はありませんが、場所やカメラの設定を変更した場合の一枚目はチェックしたほうが安心です。

家に戻ってから時間をかけて撮影した夜景写真をPCの大きな画面で見たら、ピントが合ってなかったり、ブレてたらショックですよね~。面倒でも、その場で拡大して確認しましょう。

構図を微調整する

ある程度光のある場所なら構図を決めやすいのですが、暗い場所の場合は難しいので、最初は大まかに構図を決め、撮影するたびにカメラの位置を微調整するのが良いでしょう。

時間に余裕がある場合は、暗くなる前に撮影場所で構図を決めておくと簡単です。

クイーンズタウンの夜景

NIKON D750 (24mm, f/8, 4 sec, ISO100)
クイーンズタウンの夜景

場合によってはシャッタースピードを変化させる

意図的に車のライトを線状に写したい場合は、絞り値をF16くらいまで絞ってシャッタースピードを遅くするテクニックもあります。画質を優先したい場合はNDフィルターを使うことをお勧めします。

Aucklandの夜景

NIKON D7100 (17mm, f/16, 10 sec, ISO100)
オークランドのスカイタワーと夜景:F16まで絞り露出時間を長くして撮影

まとめ

夜景撮影は難しいと思われがちですが、絞り優先モードにすれば意外と簡単に綺麗な夜景が撮影ができます。色々な状況下で撮影することで徐々にカメラの設定方法を覚えるので、普段あまり夜景を撮らない方も、一眼レフカメラのスキルアップの為に是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
Google Ad336px
Google Ad336px

シェアする